結婚式の二次会の特徴とは

結婚式、披露宴を終えたら、続いて二次会という流れを経験した方は多いのではないでしょうか。なぜ二次会が必要で、どんな特徴があるのでしょうか。結婚式は神仏や列席者に婚姻を宣誓する儀式、披露宴は今までお世話になった親族や関係者に結婚を報告する場所です。どちらもかしこまった場面が多く、段取りがあるために新郎新婦と列席者が親しく言葉を交わす場面は限られます。また、披露宴会場の収容人数から招待人から漏れてしまったけれど結婚の報告やお祝いを伝えたいという友人や同僚がいることもあります。そこでもっと近い距離で新郎新婦を祝うために二次会を設定する必要があるのです。場所やパーティーの内容は新郎新婦の友人数人が幹事となって決めていき、当日も受付や司会などを担当することが多いようです。料金は会費制でご祝儀は必要ありませんが、新郎新婦への個人的なプレゼントを持ってくる人もいます。二次会はカジュアルなレストランやダイニングバーなどを貸し切って行われるのが一般的です。出席者は新郎新婦の友人や職場の同僚、学校の同級生やサークル仲間などで、年配の親族や職場の上司といった目上の方は出席することはありません。そのため披露宴とは違い、おしゃべりや飲食が弾むのが特徴です。また席も指定ではなく自由に座ったり移動できるので、新郎新婦はもちろん友人とも自由に話すことができます。また二次会の特徴としてビンゴなどのゲームや参加型のちょっとしたイベントが行われます。出席者自身が友人の結婚を祝いながらも同年代の仲間と楽しい時間を過ごすことができる場なのです。

結婚の有益情報

新着情報

↑PAGE TOP